RI標識抗体療法が受けられる患者さんとご家族の方用サイト

悪性リンパ腫について

悪性リンパ腫とはどの様な病気ですか?

 血液はいろいろな種類の細胞から構成されていますが、それらのうち「リンパ球」という細胞が、がん化し、体の中のリンパ節でかたまり(腫瘤)を作る病気を悪性リンパ腫といいます。これは血液中の細胞が、がん化して起こる血液のがんの一つです。悪性リンパ腫は、腫れたリンパ節や腫瘤を切り取って顕微鏡で観察した組織像のちがいにより「非ホジキンリンパ腫」と「ホジキンリンパ腫」に分けられます。日本人では非ホジキンリンパ腫の割合が多く、悪性リンパ腫の大部分を占めています。首やわきの下、足のつけ根にはリンパ節が多く集まっていますので、これらの部位に腫瘤ができるとグリグリとした腫れがみられます。このほか、腹部のリンパ節に腫瘤ができると尿が出にくくなったり、胸のリンパ節に腫瘤ができると咳が出やすくなることがあります。なお、がん化したリンパ球が骨髄や血液で増える病気は急性又は慢性リンパ性白血病とよばれます。

悪性リンパ腫とは

ADOBE READER バナー

このサイト内に掲載のPDFファイルをご覧頂くためには、AdobeReaderが必要です。


このページの先頭へ戻る

利用規約
ムンディファーマ株式会社
© 富士フイルムRIファーマ株式会社