RI標識抗体療法が受けられる患者さんとご家族の方用サイト

RI標識抗体療法はどのように実施されるのか

RI標識抗体療法を受けるために、どの様な準備が必要ですか?

 「ゼヴァリン®によるRI 標識抗体療法」に用いられる放射性同位元素(111In、90Y)は、患者さんごとに受注・生産され、欧州より空輸されます。なお、111In及び90Yは、有効期間が製造日から約7日間と短く、国内の常時在庫が皆無のため、患者さんの治療意思を確認後に発注します。患者さんの治療意思を医師が確認後、発注締め切り日に応じて、投薬日が決定されます。投薬日の変更は原則出来ませんので、投薬日について医師とよく相談し、患者さん自身のスケジュールを確定してください。

スケジュールイメージ図

ADOBE READER バナー

このサイト内に掲載のPDFファイルをご覧頂くためには、AdobeReaderが必要です。


このページの先頭へ戻る

利用規約
ムンディファーマ株式会社
© 富士フイルムRIファーマ株式会社